矯正装置で痛みが出たら

矯正装置をつけたことがある人の中には、口内炎や小さな傷ができやすくなったと感じる人もいるのではないでしょうか。矯正装置をつけていると、頬の内側や舌と装置がすれて、口内炎や小さな傷ができてしまうようです。特に、矯正装置をつけ始めたばかりの場合は、粘膜が異物に反応しやすくなっています。

ただし、口内炎は必ずしも矯正装置が原因というわけではありません。歯みがきが雑であったり不足やかみ合わせいに不具合があったりといったことも考えられます。また、偏った食生活やストレス、睡眠不足なども口内炎を引き起こす理由となりえます。

矯正装置がすれて痛みがある場合、かかりつけの歯科医に相談して処置をしてもらうとよいでしょう。矯正用ワックスという樹脂を分けてもらえるかもしれません。粘膜に当たっている矯正装置の上にかぶせるように張りつければ、皮膚が傷つくのを防止します。ワックスは飲み込んでしまっても問題はありませんが、食事のときは外しておいた方が良いです。

できてしまった口内炎は塗り薬などを使って治療することが多いようです。また、口の中にワイヤが刺さっている場合は、細菌に感染するおそれがありますので、すぐに歯科医に診察してもらうのがおすすめです。

何かの理由で矯正装置を一時的に外したいと思うことがあるかもしれません。装置を一時的に外すことは可能です。しかし、装置をつけていなければ歯の動きは止まってしまいます。それだけでなく、意図しない方向に動いてしまう危険性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です