出っ歯の矯正

  1.  初診(8歳9カ月)・・・出っ歯と前歯のデコボコが気になるので矯正歯科へ相談にいったが、乳歯が残っていたため、すぐ名は治療せず6ヶ月に一回経過観察することに。
  2. 精密検査・診断(12歳9カ月)マルチブラケット装置装備・・・永久歯が生えそろったのでいよいよ矯正治療を開始。上下四本の第一小臼歯を抜歯して、マルチブラケット装置を装着した。装置の調節とワイヤーの交換など。抜歯後のスペースに上下の犬歯をゴムのチェーンで引き始め、前歯のデコボコが少しずつほどけてきた。
  3. 装置装着の一年後(13歳7カ月)・・・出っ歯や前歯のデコボコは治り、抜歯したスペースは閉じた。少しずつ太いワイヤーに変え、細かい仕上げに入る。
  4. 保定装置へ切り替え(14歳7カ月・・・マルチブラケット装置を外し、保定装置へ切り替えた。今後は2~4ヵ月に一回経過を観察する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です