口と身体のつながり

歯は、健康の入り口と言われています。健康でいるためには、日々、良い食生活を送ることが欠かせません。口は、食べ物を身体のなかに取り込む器官です。健康な歯で、なんでもよく噛んで食べられるということは、健康的な食生活を促進し、健康の維持や病気の予防に、おおいに役立ちます。

現在、80歳になったときに、自分の歯が20本以上残っていることが望ましいとされています。しかし、現状では、その年齢で歯の数を保てている人は、半数にも届いていません。

歯を失う原因で一番多いのは、歯周病です。歯周病は、歯の磨き残しである歯垢が原因となって、歯ぐきが破壊されてしまう病気です。

近年の研究では、歯周病は全身の健康とも密接にかかわっていることがわかっています。たとえば、糖尿病の患者さんや肥満の人は、歯周病になっているケースが多いです。

健康な歯を保つことは、寿命を伸ばすことといっても過言ではないでしょう。できる限り歯の健康には気を付けたいものです。

そのためには、信頼できる歯科医院に通い、定期的な検診を受けるなどすることが大切です。行きつけの歯科医院があれば、何かあったときすぐに安心して治療を任せることもできるので、ぜひ信頼できる歯医者さんを見つけておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です