歯周病

日本の成人の約数%が歯周病、口腔内の二大疾患といえば、むし歯と歯周病である。むし歯でもないのに歯がグラグラしできたり、痛みや腫れが起こり歯科医院で「歯周病が進んでいますよ」と診断され、ドキッとした経験を持つ人も多い。 歯周病は歯垢に含まれている「歯周病菌(細菌)」に感染し、歯を支える歯ぐきと顎の骨(歯槽骨)が破壊される病気。

歯周とは歯ぐき(歯肉)、歯糟骨、歯のセメント質、歯根膜(セメント質と骨を結ぶ膜)のこと。初めは歯肉(歯ぐき)が腫れたり、少々出血したりする(歯肉炎)が、痛みがないため自覚症状が起きずに進行してしまい、放っておくと歯を取り巻く組織が破壊されて(歯周炎)歯がグラグラし、物を噛む時に痛みを感じるようになり、ひどい場合には歯が抜け落ちてしまう。