歯の役割

歯の役割は大きく分けて二つあります。咀嚼と発音です。

咀嚼とはかむことであり、生物のもっとも基本的な行為であるといってもよいかもしれません。かむことがうまくできなくなると、食べ物がおいしくなくなる、場合によっては、食べること自体が苦痛になることさえありえます。

実はかむという行為には、食べ物の消化をたすける以外にも、さまざまな効果があります。心を安らげる精神的な効果や、脳細胞を活性化させて集中力を高める、表情筋をやわらげて顔の表情をゆたかにする、などなど…。食事中は、かむという行為を意識的におこなうようにしたいものです。

また、食べ物の味は、おもに下で感じますが、実は、歯の感覚も大きな比重を占めています。そのため、入れ歯にすると食べ物がおいしくなくなる、という話もよく聞かれると思います。

もう一つの役割は、発音です。私たちが言葉を話すときには、歯、下、唇、頬など、顔のさまざまな部分が相互的に機能しています。そのため、歯が抜けていたり、歯並びが悪かったりすると、発音が不明瞭になり、聞き取りづらい発音になり、コミュニケーションをするうえで不自由な思いをしてしまいがちです。

こういった行為をふつうに続けていくことができるためにも、歯科医院で定期的なメンテナンスをおこない、歯の状態を健康に保つよう心がけましょう。