根管治療

複雑な歯の根管。歯の神経治療といわれる根管治療は、できるだけ歯を抜かずに自分の歯を残す治療を行う、という考えが基本となっており、そのために歯を支える土台としての根の治療を大切にしている。しかし、根管の形が複雑なため、この治療はデリケートで難しい。根管治療が不完全な場合は根管に細菌が残ったり、歯の治療中に細菌感染してしまうと、細菌が増殖し歯の根が化膿して痛みが出るようになる。そうなると再び治療するためには、前に治療が終わったはずの詰め物やクラウンなどを取りはずし、根管治療を完全に終えてから新たに作り直さなければならず、最悪の場合は手遅れとなって抜歯せざるを得ない状態になってしまうこともある。