怖い歯周病、早めに治療

歯磨きが不十分で、歯垢(プラーク)が歯肉溝に残った状態が続くと、プラークの深部には酸素が無い環境で活発に活動するグラム陰性菌と呼ばれる細菌群が多くなる。これらの菌が増えると歯肉に炎症が起こる。更に歯肉の炎症が進むと、歯の支えとなっている歯槽骨に菌が感染するのを防ぐために、菌に近い部位の骨を溶かし、骨を菌から遠ざけようとする生体反応が起こる。これは大切な骨を守る自然の作用ではあるが、歯周組織に炎症が拡がり、それに伴い歯肉全体によって支えられている歯は悲惨な結果へと進んでしまう。つまり、歯肉炎を放っておくと重症の歯周炎へと発展するので、歯肉炎のうちに治療をすることが大切だ。 初期状態である歯肉炎であれば、歯科医でプラークおよびプラークが硬くなってしまった歯石を取り除き、毎日丁寧に正しい方法で歯磨きをすることで炎症はなくなり、歯槽骨が傷んでいなければ以前の健康な歯肉にもどることが可能となる。