外貨両替にかかる税金

所得税や法人税・消費税など身の回りにはさまざまな税金がかかっています。 これは外貨両替の取引でも同じことで、何かと税金を支払わなければなりません。

「外貨は外国のお金だし、税金は見逃してほしいなぁ……。」なんて要望は通らないわけです。 外貨両替の取引の場合どれくらい税金がかかるのかというと、約2割。 たとえば円を外貨で預ける外貨預金に投資して年20万円利息で増えたとすると、20×0.024万円の税金を用意することになります。 こう聞くと、源泉徴収のときに申告しないといけないのか不安になる人もいるかもしれません。

でもその点は大丈夫です。外貨両替で得た利息にかかる税金については別途計算されているため、普段の源泉徴収の際に気にする必要はありませんよ。 一方で利息ではなく外貨の売り買いの差分によって得た利益については申告しなければなりません。 宝くじと違い、競馬や競艇での配当金に税金がかかるのと同じように、外貨投資でも税金がかかってきます。

もちろんほんの数万円だけなら申告は不要です。そのまま使っても貯めても、再び投資に回してもかまいません。 しかし20万を超えるような場合は雑所得として申請が必要なので注意してください。 「まだ外貨投資は始めたばかりだし、今年はそんなに利益は出ていないだろう」と思っていても、実は規定額を超えていた、なんて事態になったら大変です。

実際に大幅に稼げるようになってからあわてないで済むためにも、外貨取引にかかる税金について今一度確認しておくことをおすすめします。 思いがけないところで失敗しないためにも、外貨両替を行っていく際は法律にのっとり、しっかりとした手順で取引していきたいですね。