外貨両替その他のオーダータイプ

外貨両替のオーダー法として指値と成行を紹介しました。 この項ではそれ以外のタイプを見ていきます。

まずはOCOと呼ばれるオーダー法。これは成行にオプションを付けたものだと思ってください。 仮に1ドル⇒105円で成行売りをしたいとき、上限を107円下限を103円といった感じで同時に2つ決めたとすると、 その値のどちらかに達したら自動で決済される仕組みです。 売りの場合だと107円で決済された場合は損になり、103円で決済された場合は利益になります。 損と言ってもその指定した値で確実に決済されるため、それ以上損することはありません。 予想に反した値動きをしても損する幅を狭めることができるので、不安な方はこのオーダー法を試すと良いでしょう。 この方法を聞くと「最初に指値で売り買いしたいときはどうするの?」と思う人もいるかもしれません。 その場合はIFDONE(イフダン)というオーダー法があります。 最初に指値でオーダーし、そのあとは上記のOCOと同じです。 上限と下限をあらかじめ設定し、指定した値に触れると決済がなされます。

もちろん最初の指値の値に達しなかった場合はそもそも取引自体が成立しませんので、オプション設定も無効になります。 これら2つの方法であれば、ポジションを持った後であわてて考えることもないので、比較的安心してトレードを進めていけるでしょう。 逆にある価格で売り買いしたいものの、最初からすべて指定するのではなく、実際の値動きを見ながら臨機応変に取引したいという方には向いていません。 その場合は通常の指値・成行でのオーダーが最適で、順次追加で指値注文したり、タイミングを見計らって成行決済をすれば良いです。