ロスカットラインを決めるのも大事

外貨両替の相場で取引するとき、まずは売り買いを確定させます。 売りでも買いでも必ずしも思惑のとおりに値動きしてくれるとは限りません。 もしもオーダーを確定した直後に想定とは逆方向に動いたら、どうすれば良いのでしょうか? 「待ってればきっと反発するはず」とひとまず待機して様子を見るのもひとつの手です。

しかし、なかなか思ったように動かず、むしろ反対方向にどんどん流れていってしまう場合も。 そのまま持ち続けていても損失が膨らむばかりなので、どこかで手を引かなければなりません。 損をした状態で決済するのはもったいない気がしますが、外貨両替を長く続けたいのなら撤退の仕方も覚えなくてはなりません。 含み損を抱えた手持ちのポジションを決済することを”ロスカット”と呼び、これを実行することで損失を最小限にとどめることができます。 ロスカットはある程度損失がかさんできて、これ以上は見込みがないと判断してからする場合もあると思います。 ですができれば最初に売り買いを決めた時点で、あらかじめ「ここの価格まで来たらカットする」というふうに決定しておくと心の準備ができるので良いでしょう。

おすすめは指値でロスカットラインを指定してオーダーしておくことで、もし予想に反した値動きをしても、決めておいたラインでちゃんとカットされるわけです。 もちろん急激な高騰や暴落であまりにも速度が速い場合は追い付かず、指定したラインとズレた価格で決済されるケースもあります。 その場合でも無限に損失が膨らむわけではなく、一定の範囲でカットできるので、やはりロスカットの値を設定しておくことは大切と言えます。 外貨両替ではロスカットラインを最初に決めてみてくださいね。