むし歯予防にフッ素とキシリトール

歯の質を強くしてむし歯になりにくくする薬、それが「フッ素」である。フッ素塗布は歯のエナメル質の結晶性を高め、フッ素が取り込まれることで酸に強い歯を作り、また、むし歯になりかかっている歯の再石灰化を促進する。フッ素でむし歯予防ができる最大の理由は、口腔内でむし歯菌が酸を作る作用をフッ素が抑制することにある。フッ素を塗った場合と塗らない場合とでは、その効果 に3割くらいの差があるといわれている。フッ素はむし歯の予防と初期のむし歯の進行抑制に対してのみ有効で、すでに穴が空いていたり、痛みが出てきているようなむし歯はフッ素だけで治ることはない。